中学生のころ、鍬(クワ)を持ってうろついてた

お盆で実家の農家に帰省したとき、
ご近所さんに、嫁と子供を紹介していたら、
「俺さんは、子供の頃からお父さんたちの畑を手伝ういい子だったんだよ」
と話された。

そんな記憶は全くなかったが、
記憶を掘り起こすと
中学生のころ、中二病をこじらせて、
母親のくるぶしまであるフード付きの黒いロングコートを着て、
鍬(クワ)を持ってうろついてたことを思い出した。
死神っぽくて格好いいと思い込んでいた。

ご近所さんからは、
「親の畑を手伝ういい子」にしか見えなかったらしく、
いい子に見えすぎて、ある意味目立ち過ぎていた。